FC2ブログ

今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

今朝の忠類川

今朝の忠類川は気温7度ほど、晴れている割に風が冷たかったです。
そろそろ忠類川から見える山々が白くなる日も近いと思います。
 181017IMG_4150.jpg 181017IMG_4151.jpg
朝イチのチェックインは10名ほど、全員がC区域に散っています。
朝の感じでは、昨日の朝より魚影が濃くなっているように感じました。
181017IMG_4159.jpg 181017IMG_4160.jpg 181017IMG_4162.jpg
ただ、ポイントが限られているというか狭いというか、大勢が集待って釣れるような場所が少ないので苦戦をする人もいるようです。
調査員が多くないので、気軽に声を掛けて情報交換をしたり譲り合ったりして楽しんでほしいものです。
181017IMG_4170.jpg 181017IMG_4166.jpg
明日は休止日で休みになります。
ここのところ天気が良い日が続いているので、金曜日にはさらに水位が下がっていると思われます。
遡上してきたサケがのんびりと休める場所が少ないので、さらにポイントが狭く少なくなるかもしれません。
ただ、例年になく上流へ向かうサケが多いので、孵化場より上流でもシーライスが付いたフレッシュが釣れたりしていますので、釣る側も上手く分散されると混み合わなくていいかもしれません。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

今朝の忠類川

今朝の忠類川は7度ほど、昨日よりは暖かいです。
朝イチのチェックインが15名弱で、数名が上忠類橋方面(AB区域)へ様子を見に向かっています。

一昨日の釣果が良すぎたのか、昨日は一昨日の半分ほどの釣果でした。
一人で二桁釣果をあげた人が帰られたということもあるかもしれませんが、魚影が少なくなったという人もいました。
まだ上流へ遡上する魚体の割合が多いのかもしれません。
忠類川の河口辺りにサケの群れが居るようで、その群れの遡上待ちというところでしょうか。
まとまった釣果が出るのは、昨年よりも遅れ気味のようです。
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝の忠類川は昨日に続いて放射冷却現象で3度と冷え込み、駐車場の草に薄く霜が降りていました。
 181015IMG_4127.jpg
そんな冷え込んだ朝ですが、朝イチのチェックインが15名超で、数名が上忠類橋方面(AB区域)へ様子を見に向かっています。
181015IMG_4129.jpg 181015IMG_4131.jpg
C区域ですが、昨日延べ竿のエサ釣りの方が二桁釣果をされたのを筆頭に、多くの調査員が複数釣果をしていたようです。
今朝は、それぞれが狙ったポイントで少ないながらも釣果を上げているようです。
シーライスが付いたサケも釣れていることから、フレッシュなサケも少ないながら遡上してきていることが確認できると思います。
181015IMG_4136.jpg 181015IMG_4138.jpg
何処でフレッシュなサケと出逢えるか・・・。
フレッシュほど見えにくいこともありますので、見て歩くだけではなく必ず竿を入れて、川底を探ってみてください。
 
 
 

 

今朝の忠類川

今朝の忠類川は、放射冷却現象により5度と冷え込みました。
天気は晴れ、さほど風もなく過ごすにはいいのですが済んだ川水では見え過ぎ位です。

見えすぎる川底で黒っぽい棒のようなものが動いて見えると、ほぼ魚影になると思います。
そ〜っとキャストして、川底を這うように流していくと・・・、手応え有り! という感じでしょうか。
181014IMG_4090.jpg 181014IMG_4092.jpg
上の写真は孵化場より上流で釣れたサケのメス、最下段のサケは孵化場より下流のメスです。
181014IMG_4097.jpg 181014IMG_4099.jpg 181014IMG_4102.jpg
忠類橋の上流も、今朝は魚影が少なかったようで苦戦を強いられているようでした。
181014IMG_4107.jpg 181014IMG_4108.jpg
時間があるならば魚影を探しながらのんびり釣った方がいいのかもしれません。
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝の気温は10度ほど、青い空に雲が浮かぶ爽やかな晴れです。
週末とあって朝イチのチェックインは15名超と多めで、駐車場の自動車も多いようです。

天気が良く濁りもなく、水位も下がってきているためか魚影が薄く感じます。
場所によっては産卵を終えてスリムになったメスも見ることができます。
マスはフレッシュな魚体は皆無状態で、尾ビレや背ビレが白くなっていたり水カビが付着している魚体もいるようです。
サケでもそうそうに遡上した魚体では、マス同様にスリムだったりヒレが白かったり水カビが付着するなど見られています。
181013IMG_4075.jpg 181013IMG_4073.jpg
フレッシュなサケを狙う調査員も多いですが、なかなかフレッシュなサケは同じ場所に定位してくれないようで、釣れた話より見かけた話の方が多いようです。
ここしばらくは天気も良いようなので、透明度に加えて日に日に下がる水位で苦戦を強いられるかもしれません。
コンスタントに遡上が続いてくれるといいのですが・・・。
 
 
 
 
 

FC2Ad