FC2ブログ

今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

アイヌネギの花

畑のアイヌネギ(行者ニンニク)のつぼみがほころんできました。

畑のアイヌネギがつぼみを付けていたので、どんな花が咲くのか楽しみに待っていましたらやっとほころんできました。
開花後に受粉した花が実を付け、実が熟して落下。
落下した実が冬を越す間に中心部の種が発芽の準備をするそうです。
190602IMG_5528.jpg 190602IMG_5529.jpg 190602IMG_5530.jpg
鳥たちに食べられて運ばれると種は減るんですが、何株かは増えていきそうです。
春の楽しみが増えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6/1から今年(2019年)の忠類川の申込受付が始まりました。
来たことがある方はもちろん、来たことはないけど行ってみたい釣ってみたいと思っている方は、申込をしてしまいましょう!
日程は申込をしてからでも間に合いますが、申込には期日があるので日程を組んでからでは間に合わないことがあります。
毎年必ず「何時何時に行きたいんですがダメですか、何とかなりませんか」という数件の問い合わせがあります。
申込の期日は、参加期間に合わせて参加者を取りまとめて採捕従事者として登録する必要があるため、数回に分けて取りまとめることで参加者の利便性を図っています。
申込は参加してもしなくても無料ですので、どうぞ早めの申込をお願いいたします。

北海道水産林務部発行「フィッシングルール2019 Rule&Manner」はこちらから閲覧できます。
 

 
スポンサーサイト

やっと桜が

標津町にも桜前線がやっと来ました。
今年は気温が低いのか日照不足かで、昨年よりちょっと遅れている我が家の桜です。

 190513IMG_5493.jpg
上がチシマザクラで下がヤマザクラで、花びらの色(濃淡)が違います。
190513IMG_5509.jpg 190513IMG_5513.jpg

190513IMG_5503.jpg 190513IMG_5508.jpg
そして上が我が家の畑のアイヌネギ(行者ニンニク)で、小さい葱坊主のような花芽が付いています。
下は同じくタランボ(タラの芽)です。
190513IMG_5506.jpg 190513IMG_5504.jpg
そろそろ食べないと と思っているうちに花芽が大きくなるやら、タランボも大きくなるし・・・。
タイミングを逸してしまったかもしれませんね。
 
 
 
 

4/28の忠類川風景


一昨日から昨日にかけて低気圧と寒気の影響で一面真っ白な雪化粧となりましたが、今日は雲ひとつ無い晴天で10度越えの気温になりそうです。
190428IMG_5478.jpg
管理棟周辺の積雪もすっかり消えています。
190428IMG_5482.jpg 190428IMG_5481.jpg
そして河原は今の所昨年終了時とほとんど変わっていないようです。
写真左は孵化場前の河原から上流側の様子、右側は下流側の様子です。
上流へ向かう林道は、直径30cmほどの木が倒れていたり折れていたりと例年よりも倒木が目立っている感じがしました。
オープンまでは時間がありますが、今年の環境整備作業はちょっと大変かもしれません。
 
 
  

晴天の忠類川

久々の晴天、雲ひとつありません。
190413IMG_5458.jpg 
雪もずいぶんとけてきました。
今日の気温は10度弱の予報で、明日は15度ほどまで上がるらしいのですが明後日は雨の予報です。
あちらこちらにフキノトウが見え始め、ネコヤナギも膨らんできています。
春はそこまで来ている感じですね。
 
 
 
 

サケの稚魚

穏やかな晴天の日曜日。
4月に入り、少しは春らしくなってきました。
最低気温は氷点下5度前後までしか下がらず、最高気温は5度前後まで上がる日が多くなってきました。

 190407IMG_5448.jpg
孵化場のプールにはたくさんの稚魚が放たれています。
190407IMG_5450.jpg 190407IMG_5445.jpg
すくすくと育ち、カ月後あたりには川へ放流されるものと思われます。
4年後が楽しみですね。

忠類川はまだ河原に多くの雪が残っていて、水量が少ないせいか澄んで川底がはっきり見えています。
雪が溶けて雪代になる頃には、水量も増え忠類川らしい様相になっていくのでしょう。
 
  
 
 
 

FC2Ad