今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

今朝の忠類川

171025IMG_2192.jpg 171025IMG_2195.jpg 171025IMG_2196.jpg
171025IMG_2200.jpg
今朝は冷え込み氷点下です。
自動車の窓も管理棟前の駐車場も霜が降りて白くなり、水たまりには氷が張っています。
そんな中を寒い寒いといいながら10名超がチェックインし、支度をしていました。
171025IMG_2202.jpg 171025IMG_2204.jpg 171025IMG_2206.jpg
171025IMG_2211.jpg
朝のうちの様子では産卵後のメスやウロコが付いたメス、小振りなオスなど釣果もありました。
濁りも薄くなり魚影でサケが動いているのがわかるくらいでした。
171025IMG_2222.jpg
忠類橋の上流では久しぶりに賑やかな釣り風景です。
171025IMG_2274.jpg 171025IMG_2297.jpg 171025IMG_2307.jpg
忠類橋の上から釣れている様子も見ることができました。
今朝は一本竿の釣り師とフライマンで、それぞれサケを探しては細やかに操りサケを釣っていました。
 
 
 
スポンサーサイト

最終日の忠類川

 161106IMG_0443.jpg
昨夜の雨が雪になり、一面が白い絨毯が敷かれたようでした。
空の南側半分に青空が、北側半分に雪雲がかかり北西の風に乗って雪が舞っていました。
161106IMG_0460.jpg 161106IMG_0458.jpg
忠類橋を通り過ぎて最下限まで向かう姿も、今日で最後です。
滑りやすい足元に注意しながら河原を歩き、川を渡って行きます。

161106IMG_0466.jpg 161106IMG_0483.jpg
サケも寒いと活性が下がっているようで、川岸からなかなか逃げていかないので釣り上げて雪の上で記念写真を撮らせてもらいました。

161106IMG_0595.jpg 161106IMG_0501.jpg
最下限付近ではそれぞれがサケを釣り上げて、その感触と忠類川を記憶に留めていただけたかと思います。
161106IMG_0564.jpg 161106IMG_0546.jpg 161106IMG_0509.jpg

台風の影響により一ヶ月の中止があり、流木撤去の重機が河原に入ったりで人も魚も落ち着かないまま秋を迎え、そして初冬にクローズです。
忠類川にお越しいただいた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
161106IMG_0462.jpg 161106IMG_0476.jpg
161106IMG_0478.jpg 161106IMG_0506.jpg

今シーズンもありがとうございました。
来シーズンも忠類川は皆様をお待ちしています。
 
 
 
 
 

管理棟前でポケモンゲット!?


8/4から始まる今年の忠類川ですが、流行に乗ってポケモンGOでポケモンをゲットしてみようと行ってみました。
管理棟前駐車場・・・林道があるだけの原っぱで、近くのポケモンはゼロ。
孵化場の小川前・・・画面には川が出てきませんし近くのポケモンはゼロ。
と言うことで自宅で捕まえていたポケモンと管理棟前の写真(昨年のもの)を合成しました。
こんなイメージを河原で撮影したかったんですが・・・。
ある程度の人口がないところでは、簡単にはポケモンが出てこないようです。
逆に忠類川では、「野生のマスが出てきた!」とか『野生のサケが出てきた!」ってな感じで、ポケモンよりもゲットできるのではないでしょうか。
 
 
 

最終日の忠類川

今シーズン最終日の朝、4度と暖かめの中を5名超の調査員が入釣しています。
昨日は17名でサケが95尾という驚異的な数字が管理棟の掲示板に書いてありました。
 151103IMG_8690.jpg
今日は9時前までで15名弱ほどの調査員となっており、忠類橋より下流域に5名ほど、ヤナギポイント付近に2〜3名ほど、孵化場上の瀬に6名ほどの調査員が見えていました。
最下限付近もプールが解消されつつあるようですが、中州でのキャストになっているようです。
151103IMG_8640.jpg
忠類橋付近は以前あれだけ見えた魚影がここ数日は見えても数尾という状況です。
ヤナギポイントは木の下でもすっかり魚影も薄くなり、広いところを含めても数尾と言ったところのようです。
逆に孵化場水路との出会いの方が魚影としては濃いようですが、上層部にはフレッシュ感がないサケが多く下層部にはフレッシュ感があるサケが多いという具合に棲み分けがされているようで、フレッシュ感がないサケを避けて釣るのが難しいようです。
そして最近好調なのが孵化場上の瀬です。
151103IMG_8630.jpg 151103IMG_8632.jpg
昨日の釣果の半分ほどはここではないかと思われます。
今日もここは6名ほどが入っているようですので、最終日ではありますが午後からが狙い目かと思います。
151103IMG_8681.jpg 151103IMG_8643.jpg
今年は連休がことごとく悪天で中止になり、悔しい思いをした方も多かったと思います。
昨年10月の延べ調査員人数が367名で、今年の10/30で360名とほぼ同数になり、昨シーズンの延べ調査員人数で見ると10/30迄で170名ほどの減少となっています。
釣果数では昨年10月に対して今年の10/30迄でほぼ倍の釣果数で、シーズンでは今のところ500尾ほどの増加となっているようです。
延べ調査員人数では昨年の実績には届かないようですが、総釣果数では昨年以上の釣果数となったまま終了することができるようです。
151103IMG_8658.jpg
自然には勝てませんが、来年こそ来たい人が来られますよう祈っています。
今シーズンご覧いただいた方、お越しいただいた方、本当にありがとうございました。
また来年、忠類川は皆様をお待ちしています。


  

好評な管理棟の販売コーナー

140908IMG_6444.jpg
今年も好評の管理棟内の販売コーナーです。
好評の「ナスビ」をはじめとするスプーンにの他に、「カムイチェップ」と「クリオネ」のフライも加えて置いてあります。
熊よけの鈴やベル、レンタル式の熊撃退スプレー。
虫よけのスプレーやハッカ油。
オリジナルステッカーやシールにマグカップ。
カップ麺も置いています。
実用品からお土産用まで、お時間がありましたら管理等を覗いてみて下さいね。

FC2Ad