今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

今日のマス


170912IMG_1565.jpg   170912IMG_1575.jpg
今日は朝から雨ですが気温は15°位でしょうか昨日より暖かく感じます。

昨日の釣果はサケ17尾とマス170尾で、ほとんどがBもしくはA区域ですが、C区域の上流域でもサケが釣れたようです。
今日の天気予報では午後あたりから雨脚が強くなり、夜には結構な雨量になるようですが、明日朝には雨もあがる予報となっています。
ある程度水位が増えてくれるとサケの遡上も増えると思うのですが・・・。
川を見ても見えるのは川底の石と白と茶色のツートンカラーばかりです。
大きめで灰色の細長い石などがあると、フレッシュな魚体の魚影に見えてしまいますね。
 
 
 
 
スポンサーサイト

今日のマス

170911IMG_1549.jpg  170911IMG_1545.jpg
今朝は晴天ですが、日の出前あたりは10度を下回るくらい冷え込みました。
10名超の調査員が入っていますが、三分の二ほどがB区域もしくはA区域へ向かっています。
昨日の釣果はサケ1尾とマス119尾の計120尾ほどで、こちらも三分の二超がC区域以外のようです。
そろそろC区域でもサケを と思うのですが釣果の声が聞こえません。
相変わらずバラした話と魚影を見た話です。
昨年の今頃はまだ連続台風による増水で中止になっていましたが、そろそろ写真もサケが多くなってくる頃に思います。
今年はもうしばらくマスの写真が続くような感じですね。 
 
 
  

今日の忠類川

170910IMG_1521.jpg 170910IMG_1531.jpg
朝から雨の忠類川、15名超の調査員が入っています。
昨日はサケが7尾釣れたようですが、A区域の最下限付近(B区域の上限の上流あたり)だそうです。
相変わらずフレッシュな天然のサケは、上流へ上流へと向かいC区域には留まっていないようです。
そんな中、C区域の最下限でピッカピカでウロコが剥がれ落ちるフレッシュなマスが釣れました。
濃いめの灰色か黒っぽい細長い魚影だったそうです。
婚姻色が出たマスばっかりと思っていましたが、いくらかフレッシュなマスもまだ遡上しているんですね。
 
 
 

今日のマス

 170908IMG_1504.jpg
水曜日にサケをバラした場所でチャレンジしてみたものの、根掛かりばかりであきらめてマスに遊んでもらいました。
未明頃からの雷を伴う降雨により5cm前後ほど水位が上がっていましたので、水曜日よりも重ためのシンクチップに変えたんですがダメでした。
家が揺れるほどの雷で一度目が覚め、その後2通ほどの豪雨予報のメールが届きました。
標津町内のどこかに落雷もあったようです。
サケの呼び水になってくれると期待していたんですが、今日はちょっと早すぎたのかもしれません。
数日同じような場所で様子を見ることにしようと思います。

相変わらずマスの釣果が多いです。
セッパリのカラフトマスを釣るなら、今がチャンスかと思います。
 
 
 

今日のマス

 170906IMG_1490.jpg
朝のうちは曇っていましたが、後に陽がさしたり曇ったりです。
朝イチでサケをバラしてしまいました。
マス釣りのままのドラグで掛かってしまい、バッキングラインまで一気に水中を下流へ向かってしまい、慌ててドラグを強くして踏んばったんですが外れてしまいました、残念!
8/26以来のサケのバラシでした。
気を取り直して場所を変え、マスに遊んでもらいましたので記念写真。
170906IMG_1494.png 170906IMG_1495.jpg
昨日はB区域(A区域とB区域の境目かA区域の最下限付近)で1人でサケを4尾釣った方がいて、今日の飛行機で帰るけど今回は満足! とのことで、10月後半頃にまた来ますと言っていました。
忠類川を気に入っていただけて嬉しく思います。
皆様のご参加とご協力があれば大切に長く続けて行けると思いますので、よろしくお願いします。
 
 
 

FC2Ad