今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

今朝の忠類川

 171104IMG_2397.jpg
今朝は未明からの雨が止まず、時には雪になったりと寒い朝です。
忠類川から見える山々も白くなり、一層寒く感じさせます。
そんな中を朝イチで10名弱がチェックイン、最下限へ向けて移動していきました。
忠類橋上流で2尾、最下限付近では二桁釣果にはなっているように見えました。
ただ、写真の魚体がともに60cm弱と小さい魚体になってきているようです。
忠類川も残すところあと1日、明日で今シーズンが終了します。
 
 
 
スポンサーサイト

今朝の忠類川

 171103P1000005.jpg
増水と定休日開けの今朝、気温は5度ほどと暖かいのですが霧がかかっていました。
朝イチのチェックインは10名弱、それぞれ下流方面へ向かっていきました。
朝のうちの釣果としては最下限アタリで数尾、忠類橋付近で5尾ほど、孵化場前付近で数尾と二桁を超える勢いのようです。
いつものカメラを忘れたのでとりあえず魚だけガラケーで撮影しましたが、画質には目をつむって下さい。
明日は午前中が雨の予報です。
ちょっと風が強めですが雨量は多くなさそうな感じに見受けられます。
残すところあと2日、無事に終えることができるよう祈るばかりです。
 
 
 
 

今日の忠類川

 171029IMG_2349.jpg 171029IMG_2352.jpg
今朝はくもりで気温は10度超、朝イチでは5名弱がチェックインしていました。
今日から最後の1週間は、忠類橋より下流域が調査可能としました。
早速エサ2名とフライ1名の3名ほどが忠類橋の下流へ向かいました。
最下限付近へは1人、エサで釣果5尾ほどでバラシ数尾だそうです。
忠類橋の下流にエサとフライで2人、それぞれ釣果6尾ほどでバラシも多数だそうです。
フライは流れも速くちょっと深さがあるので小さめのガン玉を付き。
スレていないせいかスレ掛かりより口の方が多かったです。
どちらの場所もすごく魚影が濃い訳ではないようで、10時前後頃からでしょうかアタリが一気に落ちたような感じでした。
それでも少ない人数の割に釣果がありましたので、台風などの影響がなければ1週間は楽しめるのかもしれません。
今夜から明日は台風22号の影響である程度の降雨がある予報です。
あと1週間という時に増水で中止にでもなればとても辛いところです。
早期の台風が抜けてくれることを願うばかりです。
 
 
 

今朝の忠類川

 171028IMG_2337.jpg
今朝も気温は氷点下、車の窓は霜で白くなっていました。
そんな中を朝イチで5名超がチェックイン、主に下流方面へ向かっていました。
朝のうちは割りと静かで数尾の釣果止まり、このあと釣果が伸びてくれるといいのですが・・・。
昨日は多分クマの道付近だと思われるのですが、6尾釣果のルアーマンがいたようです。
水量が多いこともあってか、サケもある程度上流まで散っているような感じがします。
ただ、濁りが無くなってきた分サケも警戒しますので、川岸から離れて歩いたり足音を立てないなど釣る側も最新注意をした方がいいかもしれません。
 
 
  

今朝の忠類川


今朝も冷え込み、駐車場は霜で白くなっていました。
日の出は5時55分頃でスタート1時間ほど前になり、一番寒い時間帯になるようです。

そんな中の今朝の朝イチは5名弱で、9時前にはもう数名増えているようでした。
水量はまだ多めですが濁りは薄くなっていて、浅瀬では川底がしっかり見えています。
故にサケも警戒し、川岸に近づくと深みや流心へ逃げてしまい、釣るのが難しくなっています。
濁りが濃かった水曜日の方が逆に釣りやすかったかもしれません。
また、サケが広範囲に散っている可能性もありますので、クマの道より下流を攻め下るのもいいかもしれません。
もう少し水量が落ちると川も渡れるのでしょうけれど、今の所は無理に渡らない方がいいと思われますので釣る場所も右岸側一帯に限られてくるでしょう。
 
 
 
 

FC2Ad