今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サケがまだ・・・


忠類橋から川を覗いてみたら、サケが居ました。
橋の上流4〜5mあたりでしょうか、一匹だけ。
橋の真下にも一匹だけいましたが、他には見えませんでした。
とりあえず写真を撮り、動画GIFにしてみました。
水面を流れていくのは薄い氷です。
遅く遡上するサケもいるんですね。
忠類橋の上流と下流には、オオワシなどが木の上に止まってサケを狙っています。
産卵まで終えることができればいいですね。
 
 
 
 
スポンサーサイト

今朝のサケ

 161105IMG_0434.jpg
今朝も冷え込み氷点下でした。
ちょっとするとプラスの気温になったようですが、小雪がちらついてきて体感温度は氷点下のままでした。
調査員の人数の割りに釣れているように見えていますが、釣れるポイントは限られているようです。
ほとんどが最下限付近と聞いています。
天気予報では今日は終日雪マーク。
積もるかどうかは別としても気温が上がらない一日になりそうです。
明日未明まで雪マークが続いているようで、最終日の明日は一面白くなっている可能性もありそうです。
 
 
 
 

今朝のサケ

昨日の日中から降った雨が一時22mm/hの豪雨予報が出たくらいの雨量でしたが、山の方が雪になったようでほとんど水位は上がっていませんでした。
161104IMG_0417.jpg
でも、水は冷たいですね。
濁りも多少ありますので、サケが写っているんですが見えにくい写真になりました。

今朝も割りと古くない魚体のサケが釣れ、最下限付近では数名の釣り竿が弧を描いていました。
ただ、日中も気温があまり上がらないので寒さとの戦いのようです。
明日が午後から雪マーク、明後日は午後まで雪マークという予報です。
最終日は雪の上にサケを並べての記念撮影ができればいいのですが・・・。
あと2日で今シーズンは終了です。
 
 
 

今朝のサケ


今朝は日の出(6時頃)が綺麗に海面から昇っていたので、良い天気かと思いきや7時頃にはどんより曇り、8時過ぎには細かい雨がちらついていました。
朝イチで5名超が入り、最下限付近に集まって釣っているようでした。
161103IMG_0410.jpg 161103IMG_0406.jpg
忠類橋の下流に入った人は、早々に2尾釣り上げて引き揚げていきました。
忠類橋の上流は、魚体が小さいオス1尾とウロコが付いているメス6尾。
シーライスが付いているメスもいました。
161103IMG_0414.jpg 161103IMG_0404.jpg
残すところあと3日になった忠類川。
朝の氷点下は時期的には仕方がありませんので、宿などでゆっくり朝食をとってから動き出すのもいいかもしれません。
天気予報では明日は天気が回復するようですが土日は雪がちらつくような予報になっています。
ウェーダーの底のフエルトが雪に弱く、雪がくっついてしまいますので滑りやすくなります。
くれぐれもご注意をお願いします。
 
 
 
 
 

今朝のサケ

161101IMG_0339.jpg 161101IMG_0343.jpg 161101IMG_0350.jpg
今朝は昨日ほど寒くは感じませんでしたが、氷と霜柱を踏んでのポイントまでの移動から始まりました。
最下限付近は相変わらず調査員が集中しているポイントで、一番賑わっているところであり一番釣れるところでもあるようです。
混み合うところを避けて忠類橋の上下に入ってみると、シーライスが付いたサケが3尾も釣れてしまいました。
明日もここにサケがいるかはわかりませんが、今朝は楽しませてもらいました。
161101IMG_0342.jpg 
ただ、魚影が濃い訳ではないので川を観察して魚影を探して狙うサイトフィッシング的な釣り方になるんでしょうか。
石がゴロゴロしているので根掛かりもするし、川岸に近づくとサケは逃げるし・・・。
魚影が見える人にはいい場所かもしれませんね。
161101IMG_0354.jpg 
忠類川も残すところあと5日になりました。
10月は昨年の調査員人数を超えていますし、釣果も同数に近いようです。
増水で中止した期間を考えると、総釣果と総人数は昨年並みと思ってもいいのかもしれませんね。
 
 
 
 
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。