今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H28年 初日!


H28年初日、朝から濃霧でしたが10名弱の調査員で始まりました。
朝のうちは静かでしたが、霧が薄くなるにつれて魚も動きだしたようです。
7時頃には霧も晴れ、日差しがきつく感じるようです。
160804IMG_9028.jpg 160804IMG_9038.jpg
7時半過ぎ頃まで見た感じでは、バラシも含めてマスが10尾前後くらいのようです。
ただし、今年もセッパリが居ました。
昨年も初日からセッパリが釣れていたんですが、今年もセッパリの姿が見えています。
また、フレッシュなマスは口が柔らかいのでバラシが多い傾向にあります。
特にフライではフックが小さいので要注意かと思われます。
スポンサーサイト

今日の忠類川

今朝は放射冷却現象で冷え込んで0度でのスタートになりました。
10名超の調査員がそれぞれのポイントへと入釣しています。
昨日は日曜日と言うこともあって29名の調査員でサケ釣果が67尾となり、シーズン終了間際で30名近い調査員と60尾を越えるサケ釣果は近年ではなかったと思います。
151102IMG_8600.jpg 151102IMG_8619.jpg 151102IMG_8623.jpg
下流方面は定かではありませんがヤナギポイントは散発状態で魚影が薄いようです。
ヤナギの下手の孵化場水路の合流付近は魚影が濃いようですが、相変わらず見るからにフレッシュ感がない魚体が多いようです。
逆に孵化場上の瀬は魚影が濃く、フレッシュ感が有るものと無いものが半々くらいで、釣り上げると卵(いくら)がこぼれ落ちるメスもいるようです。

忠類川も明日で今シーズンが終了します。
幸い明日は文化の日でお休みの方もいるかと思います。
今シーズン最後の日を忠類川の河原で過ごしてみてはいかがでしょうか。


  

忠類川サーモンダービー2014「ワンデーダービー」結果報告

 masu-winnerDSC_0413.jpg
9/6に開催されました忠類川サーモンフィッシング20周年記念イベントサーモンダービー2014のワンデーダービーが終了しました。
写真左がサケの部の表彰者の方々で、右がマスの部の表彰者の方々です。
サケの部の1位は77cmで中標津町の土谷様、マスの部の1位は57cmで美唄市の小西様で、後日に標津産の幻の鮭「ケイジ」がお届けされます。おめでとうございます!
北海道内15名北海道外15名の老若男女30名で、半数の15名の方がサケ19尾マス10尾の合計29尾の釣果を登楼されました。
偶然とはいえサケの部の1位とマスの部の2位がそれぞれ同サイズというハプニングになり、限られた時間の中ではプレーオフなどをする余裕も無いために当人同士でジャンケンをしていただき決定させて頂きました。
この点は今後の課題とさせていただくこととして、表彰式を終えたあと場所を移動して懇親会を行い、ジンギスカンやちゃんちゃん焼きなどのごちそうに舌鼓を打って和やかに終えることができました。
詳しい資料も用意しましたのでご覧下さい。
140906oneday-derby_results-1.jpg 140906oneday-derby_results-2.jpg
(左側はA4サイズ、右側はA3サイズになっています。)

シーズンダービーは今シーズン最終日11/3まで参加・登録ができます。
幻のサケ「ケイジ」を目標にどんどん参加・登録をしてください。

今日のサケ釣り


今日のサケ釣りシーンです。
昨日のリベンジと言っていました。

昨日のワンデーダービーの結果については、後日あらためてHP内でお知らせします。

今日のサケ

131030IMG_5837.jpg 

今日を含めてあと二日となった忠類川。
昨日は15名ほどで45尾ほどの釣果があったようで、水量が多めで苦労しながらの釣果だったと思われます。
今朝の気温は8度、秋空のもと5名ほどが川へ向かいました。
まだ水量が治まりきっていないため釣りにくさはありますが、それでも朝のうちに釣果をあげていました。
爆釣とまでは行かないかもしれませんが、それなりに釣果が出ているようでホッとしているところです。
残り少ない調査期間、少ない人数を活かしてのんびりと楽しんでいただければと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。