今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の忠類川



今朝はわりと暖かく、小雨が降っていました。
調査開始の6時頃には、小雨も上がりかけて虹が見えました。
相変わらず新旧入り交じったサケですが、やはり口掛かりはフレッシュが多いようです。
魚の移動も結構なようで、上流部での釣果が増えてきたように思えます。
しかしながら、調査員は圧倒的に下流部に集中していて、各ポイントごとに人だまりが見えています。
明日の休止日には、より多くの新しいサケが入ってくると、週末に来られる調査員にも楽しみが増えるのですが・・・。
スポンサーサイト

今日の忠類川



今年一番の寒さとなった今朝は、一面に霜がおりていました。
ガイドが凍るにはまだまだですが、素手がかじかむ感じはまさに冬間近です。



例年この場所にはたくさんのサケ・マスが群れていましたが、今年はご覧の通り10~20び程度です。
テトラポットの周りも浅くなり、このポイントは数人が入れば限界のようです。
上流部での釣果も時折あるようですが、大部分はドラゴンより下流域に集中しているようです。

今日の忠類川



今朝も気温は3度ほどで、風がちょっとあった為に寒く感じました。
草には霜が降りて白くなり、一層寒さを感じさせます。
一昨日より知床峠が「路面凍結のおそれがある為に通行止め」になったまま。
根北峠も一時的に通行止めになったものの、夏タイヤ通行止めの状態です。
忠類川も、魚が動いたせいか上流部で一時的に釣果が上がっています。
ただ、新しい魚が思ったより多く入ってこないようなので、今後の不安の材料になっています。
風なり雨なりと、ちょっと変化が欲しいところです。

今日の忠類川



さすがに日曜日とあって、サケを目当てに朝から15人前後、昼前には40人前後の調査員となっていました。
相変わらず活性は高くありませんが、新しいサケと古めのサケは半々くらいでの割合で釣られている感じがします。
しかしながら、口掛かりの割合は3~4割と食いが渋い感じは変わらないようです。

今日の忠類川



45名ほどの第1管理棟で110尾ほどの釣果となっています。
朝一番は今年一番の寒さでした。
7時過ぎころから陽が差してくるようになると、上着を脱いだりと忙しくなります。
活性は高くはありませんが、しっかりとサケの目の前にタックルを通すことでヒットに結びつけることができるのです。

今日の忠類川



休止日開けの今朝は5人+αという調査員で始まりました。
休止日開けの割にフレッシュな魚が少なすぎる感じに加え、食いが渋く活性も高くない状況でした。
もう少し魚影が濃いとか活性が高いとかになると、面白いのでしょうけれどちょっと残念な金曜日でした。

今日の忠類川



最後の大型連休も100名弱の調査員で賑わいました。
釣果は依然として伸び悩んでいますが、二桁釣果の強者がいたり家族連れ、ご夫婦がいたりと調査員も色々でした。
もう少し釣果が増えてくれると、調査に来た方々がもっと楽しく過ごせるのですが、自然が相手ですのでなかなか思うようにはいかないものですね。

今日のサケ



昨日に引き続き、今日も活性の高いサケが多いように思えます。
ただ、最下限付近には例年ほど魚影が多くなく、ちょっと寂しいです。
中流域ではそこそこ魚影も見られるし、釣果もあるようです。
でも、実際に魚影が見えていても気付かずに通り過ぎる人も多いようで、釣果を上げるには気になる場所ではとりあえず竿を入れる でしょうか。

忠類川のサケ



休止日開けの金曜日、連休前とあって混み合うかと思いきや混み合うのは今日の午後以降となりそうです。
魚影も休止日前より多めで、活性も良く4暖ジャンプなど見せてくれて、誰かが掛けたのかと思わせるくらいでした。
岸には産卵を終えた魚がフラフラと泳ぎ、その傍らに腐敗が始まった死骸も横たわっています。
天気が良く気温が上がると、一層死臭が強く漂うことになるでしょう。
クマも出没しています。
単独行動は川通しで行い、林道は複数で移動することをお勧めします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。