今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の忠類川

 110928IMG_2177.jpg
今朝の気温は10度ほど、日に日に寒く感じる朝が多くなってきます。
空は秋晴れ、日中の予想気温は20度前後と寒暖の差も大きくなってきます。
調査員も多くありませんが、上流方面に自転車で向かった人も下流へ下がってきていました。
決して上流方面にはサケやマスが居ない訳ではないようで、フレッシュなサケを探しているようでした。
今日の前浜は幾分多めの水揚げになったようで、「このまま続けばいいなぁ」との声も聞かれます。
忠類川の明日は休止日なので、明後日あたりはコンディションも良くなるかなぁと期待をかけています。
スポンサーサイト

今日の一枚


今朝の気温が10度で寒い朝でしたが、昨日は8度ほどで吐く息が白く見えました。
朝の気温が10度ほどで日中の気温が18~20度、河原を移動しながら釣りをするには途中で上着を脱ぐ必要があるように見受けられます。
昼夜の寒暖の差が大きくなると紅葉が綺麗になるのですが、先日の台風の為に木々の葉が散ってしまっているので今年の忠類川の紅葉は期待できないかもしれません。
台風後にできた枝川にはマスが産卵の為に場所取りをしています。
一匹のメスに数匹のオスというグループが各所に見られるようです。
枝川のマスは竿休めとして見学程度に留めて、じっくりと生態を観察して欲しいと思います。

今日の忠類川

 110923IMG_2127.jpg
台風15号の影響によって、忠類川は思ったほど増水はしませんでしたので調査を行いましたが、林道が’倒木によって’通行不能になりました。
太い木に弦が巻き付いていて、ジムニーでは移動することができなく、漁協の職員がチェンソーで分断して撤去する手配をしたようです。
明日からは、自転車で移動することができると思われます。

110923IMG_2135.jpg
今回の台風での増水で、本流こそは渡れないものの全体に水位が上がっていますので、今まで魚が釣れなかった所での釣果も見込まれると思われます。
また、前回の増水時以上にツートンカラーのマスの姿も減っていると思われます。
羅臼方面でもまだまだマスの姿が見られると言うことなので、フレッシュなマスとサケに期待したいところです。

今日のマス

 110920IMG_2117.jpg
今朝は今期一番の寒さで、家を出るときは10度を下回り、調査開始時間では10度をちょっと上回っていました。
これからは日増しにこんな日が続いて寒くなっていくのでしょうね。
前浜のサケ定置網漁も静かな日が続いているようです。
9/10あたりで水揚げ量の累積が前年同日を上回っていたのですが、先週末では前年同日を下回ってしまったそうです。
忠類川も8月の10~31日は今年の方が良かったものの、今月に入ってからは前年を下回っています。
台風15号も気になります。
速度が速くなったので23日には抜けているという予想ですが、忠類川には雨量が気になるところです。
前浜の漁師さんは雨量もありますが、風と浪が気になるようです。
今日のマスは、釣り上げたあとドタバタと暴れまくっていましたが、川へ戻すとおとなしくなり写真を撮らせてくれました(すぐには逃げませんでした)
と言うことで、砂が付いたマスになってしまいました。

今日の一枚


朝から小雨が降ったり止んだり。
天気予報では午前中は曇りマークだったのに・・・。
忠類川感謝祭1回目の中日、忠類橋から下へ調査員が下っていきます。
川岸の流れが緩いところには背中が茶色でお腹が白いマスがけっこう見えたようですが、元気が良いマスやサケは今ひとつだったような感じで、早々に移動する調査員も見られました。
今までは人が行かなかったところにのんびりとしていた魚たちも、忠類川感謝祭でびっくりして下ろうか上ろうか迷っていたんでしょうね、きっと。
昨日も触れましたが、シーライスが付いたサケが見られました。
少ないながらも遡上が続いているのでしょう。
そしてマスも、シーライスが付いたフレッシュでした。
今の時期としてはフレッシュなマスは珍しいので、釣る側としては嬉しい限りですね。
フレッシュなサケを釣ったサッポロのKさんは、「フレッシュはいいですね!」とニンマリでした。

今日のサケ

 110917IMG_2078.jpg
今朝の気温は19度、日中の予想が27度となっていて、朝だけでも汗をかいてしまいます。
今日から3日間は忠類川感謝祭の1回目で、忠類橋から下流約200m程が区域延長になります。
朝一番では6~7名が向かっています。
下限へ向かって歩いて行き、いつものところでちょっとのつもりが2回目のキャストで写真のサケ。
結局そこで小一時間ほど過ごしました。
若干ですが、魚が増えてきたような気がしました。

今日のマス


今朝は5時30分で20度の気温で、何度まで上昇するのかと思わせるような感じで調査が始まりました。
調査員は15名超、ほとんどが上流方面へ自転車で走っていきました。
最近続けて同じ所にいるのですが、毎日魚の居方が違うんですね、おもしろいです。
今日はピカピカのマスが釣れました。
暴れないように尻尾を押さえてフックを外したら、手にはウロコが。
よく見るとシーライスが片面に5~6匹も付いています。
この時期のフレッシュなマスは、ほとんど見かけませんので小振りなサケだと思っていました。

明日からの3日間は、忠類川感謝祭の第1回目になります。
忠類橋より下流方面は魚影も濃いめのようなので、楽しんでいただけるかと思っています。
ただ、大人数の調査員が入ったり長いこと調査をしていると、魚も散ってしまいますので、休み休みじっくりと楽しんでいただければと思っています。

今日の一枚

 110914IMG_2055.jpg
朝5時半の気温は15度でしたが、7時には20度ほど。
それが汗ばむほど蒸し暑く感じます。
とても秋の忠類川とは思えない今年の忠類川です。
青い空と爽やかな暑さ、どこへいったのやら。
サケの写真をと思っているのですが、サケの周りにいるマスが掛かってしまいマス。
忠類川には少ないながらもサケは居るんですが・・・。

明日は休止日ではなく調査日ですが、明日の15日からは開始時間と終了時間が変わります。
開始時間 6:00
終了時間 16:30
お間違えの無いように。

今日の一枚


朝は濃霧だった忠類川も開始と同時に霧が晴れ、蒸し暑い状態になりました。
孵化場より下流では調査員もまばらで、釣果も今ひとつの状態の朝のようでした。
そんな中で、サケを掛けている調査員がいましたので「取り込んだら記念写真を撮りましょう!」と声を掛け写真を撮らせていただきました。
写真では向こう岸よりに掛かっている魚が見えます。
水深は1.5~2mといったところでしょうか、ご自分でも撮影しながら頑張っていたんですが・・・。
魚が下流へ下っていき、数メートル着いていったのですがフックから外れてしまいました、残念。
このあと、リベンジできたのでしょうか、ちょっと気になりました。

忠類川フィッシングスクール


今日は忠類川のフィッシングスクールの日です。
忠類川プロジェクトのメンバーが講師となって忠類川初挑戦の希望者(事前予約)に忠類川を楽しんでもらうきっかけとなれるように忠類川での釣り方のコツなどを掴んでもらうための日でした。

110911IMG-2013.jpg 110911IMG-2017.jpg 110911IMG-2018.jpg
神奈川からの御夫婦と東京からの方で2組、ほとんどマンツーマンの状態でした。
先日の雨のおかげで魚影も多く見え、サケとマスの見え方の違いなども体験できたようです。

110911IMG-2019.jpg 110911IMG-2030.jpg
スレだったりバラしたり、取込を体験したりと短い時間でしたが楽しんでいただけたことと思います。
また来シーズンも忠類川へ来て下さいね。

今日の一枚はコレ!
110911IMG_2025.jpg

キツネの食べ残し


増水後の忠類川ではお馴染みとなったキツネの食べ残しです。
水が引いた跡に取り残されたマスやサケがごちそうになります。
クマだとお腹から口を付け、キツネは頭からと聞いています。
今朝はまだ水位も高く若干の濁りもありました。
そんな中でも、ちょっとしたコツを掴んだ調査員は、いい思いをしたようです。

今日の忠類川


今日は台風12号と樺太方面にある低気圧の影響で山間部に雨が降ったようで、水位が広いところで10~15cm程、狭いところでは30cm以上も上昇しています。
今日の調査は中止、昨日も夕方で切り上げています。
明日以降の調査も台風12号の動きが遅い為に微妙な感じがします。

遅れていました釣果表を、やっとアップできました。
まだ部分的には第1管理棟と第2管理棟の振り分けができていませんが、8月分と9月分(1日は休止日、2日の釣果、3日は中止)です。
8月の釣果を昨年と比べてみました。(8/10~8/31)
調査員   前年867人   本年618人   前年比86%
サケ釣果  前年51尾   本年30尾    前年比59%
マス釣果  前年1830尾  本年2073尾  前年比113%
総釣果   前年1881尾  本年2103尾  前年比112%
このように、調査員が少ない割に釣れていると言うことになります。
渇水気味で魚影が見にくく、しかも調査員が少ないと言うことで昨年を下回るような感じでしたが、第2管理棟区域でのキャッチアンドリリース効果とでも言うのでしょうか。
これからのサケは、どのような感じになるのでしょうか楽しみです。
今回の調査中止になった増水が、サケの遡上を促す効果を果たしてくれることに期待をかけるところです。

今日の一枚


小雨交じりの中を、15人超の調査員が朝から川へ向かいました。
朝の気温でも20度を超え、湿度もたっぷりなサウナ状態でした。

マスは写真の他に2尾+1尾バラシ。
サケは、何とか写真をと頑張りましたが、2尾バラシで写真が撮れませんでした。
台風の影響でこの週末がどうなるかわかりませんが、近いうちにはサケの写真を撮りたいと思っています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。