今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

管理棟の販売コーナー


第1管理棟では今年もバックスのルアーや熊よけ鈴などがつり下げられ、販売されています。
バックスのルアーは評判も高く、知っている方は忠類川以外でも使われているようです。
また、熊よけ鈴も2種類あり、アブよけに効果があるとされているハッカ油のスプレーや虫よけスプレー。
昨年からはヒグマをモチーフにしたシールの販売もされています。
忠類川に来られたら、一度覗いてみて下さい。
スポンサーサイト

今日のマス


昨日に引き続き、今日のマスもウロコが落ちているマスです。
しかしながら、なかなかのファイトを見せてくれたようです。
ここの上流方面に2人ほどの調査員が見え、その様子からヒットがあったか釣り上げたかしたようです。
(今日の釣果は)どうでした?
どっち(方面)へ行ってたんですか?
フレッシュなマスは何処にいるのでしょう?
サケを釣りたい!
などと言う会話が管理棟前の休憩所で良く聞く会話です。

今日のマス


濃霧の忠類川、第1管理棟区域の中流域で魚を取り込む姿が見えました。
近づいてみると立派なセッパリマスでした。
第2管理棟区域ではセッパリなどウロコが落ちた魚体のマスが多いと聞いてはいましたが、この辺でも早い魚はそろそろ産卵の準備なのですね。
この時点でこの方の相棒が銀色をバラしていたそうです。
その後、私も仲間に入れてもらって一時間ほどの間に、3人で5ヒットほどでその内4バラシでした。
魚影は多い方ではありませんが、全然居ない訳ではないと言うことですね。
数日前にはサケをバラした話しもあります。
今後フレッシュなサケが多くなって楽しめることを期待しています。

8/17 今日の忠類川

 120817IMG_3599.jpg
今朝は薄曇り、時折陽が差していました。
陽が差すと、蚊など虫たちが活発に活動を始めます。
虫除けスプレーやハッカスプレーなどが必要ですね。

ところで、8月なのに紅葉?っていう感じの木を見つけました。
春の増水時に根本をえぐられ、倒れる寸前という感じですが、その葉っぱがキレイに赤くなっています。
異常気象のせいでしょうか、それとも養分不足でしょうか。

今日の忠類川

 120815IMG_3591.jpg 120815IMG_3593.jpg
昨日の増水も治まり(水位が下がり、やや濁りが残る程度)調査を再開しています。
濁りが残っているために魚影が確認できず、河原を移動する調査員も見えます。
一昨日は釣果が0尾と不調でしたが、今朝は開始から一時間ほどにヒットがあり綺麗なマスが釣り上げられました。
第2管理棟区域では、セッパリも居ると聞いていますが、下流域ではフレッシュなマスが多いですね。
そうそう「サケを見た!」と言う話も聞いていますので、釣果に上がるのも早いかもしれませんね。

一週間ほど前から忠類の市街地を含めた忠類川下流域にはヒグマが出没し、警戒態勢も取られていました。
親離れしたばかりの若いヒグマのようですが、平気で民家のそばまで出てきたりしています。
忠類川も第1管理棟付近を除き林道は通行止めの処置をしていますので、名物のサケチャリもお休み状態です。
もうしばらくの間は、河原を使っての徒歩移動が続くようです。
熊よけの鈴やベルは必要のようですが、絶対出合わない訳ではないので過信は禁物です。
充分注意しながら忠類川で楽しんで欲しいものです。

2012年シーズン初日


2012年の初日です。
小雨にもかかわらず初日から調査員が集まり、調査を開始しました。
ウロコが残るフレッシュなカラフトマスが釣れたようです。

前浜のマス定置網漁は、マスよりサケの方が多くなってきたとか耳にします。
今年のサケは早いかもしれません。

FC2Ad