今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もマス

 140930.jpg
今日もマスです。
川の中のマスが撮れたので、静止画と動画です。
産卵を終えたメスや産卵前のメス、セッパリのオスなどこの時期には珍しいくらいマスが頑張っています。
サケの遡上が遅れているのでマスがいてくれると助かりますが、サケとのビッグファイトを味わいたいと調査員は上流部へサケチャリで向かっています。
朝イチは10度前後ですが、数時間もすると20度弱まで気温が上がりますので、こまめに着たり脱いだりが欠かせないようです。
スポンサーサイト

9/28は「第50回しべつあきあじまつり」

 akiajimaturi-chirashi-2.jpg
9/28は50回目を迎える「しべつあきあじまつり」が開催されます。
開場はサーモンパーク、いくら丼1200食無料提供など。
詳しくはチラシをプリントして見てね。

今日もマス


休止日開けの金曜日。
昨日は雨もけっこう降ったし、少しは水が増えて濁りもサ〜〜っと入って、サケの魚影も増えて・・・・・、と期待していました。
が、水は増えていないし濁りもないし、サケは気持ち増えている感じはしますがフレッシュかというとそうでもないし・・・。
そんな感じで今日もマスの写真でした。
休止日前にはあまり魚影を見なかった場所に今朝は魚影が見えたのは、魚が変わってきているからではないかと思われます。
釣れた魚体は小振りなメスでした。(写真を撮る前に逃亡されました)
一方ではマスがまだまだ元気にも見えます。
メスこそは産卵後というようなしぼんだお腹が目立ちますが、オスはセッパッてメスの争奪戦をくり広げているようです。

今日の忠類川

 140923-2.jpg
マスの水中映像からです。
なかなか正面には捉えられず左端にチラチラ見えます。
また、釣り上げたマスでリリースして一休みしているところを取りましたが、寄りすぎてしまいました。
140923-3.jpg
そして、マスを釣り上げるシーンです。
上が動画で下が静止画です。
140923IMG_6529.jpg 140923IMG_6517.jpg
そして今日はサケの写真も撮れました。
140923IMG_6526.jpg 140923IMG_6523.jpg
70cmのオスです。
昨日は午後に雷を伴う瞬間的な豪雨が降りましたが、今日は終日快晴で釣り日和といえるかもしれません。

今日のマス

140922IMG_6510.jpg
今日もマスです。
圧倒的に数は少ないのですが、まだマスが残っています。
例年の今頃はセッパリがあちらこちらで見かけるのですが、今年はセッパリですら探さないと見ることができません。
写真はメスの顔ですが、下の映像は見にくいかもしれませんがセッパリの口ヒット。
140922.jpg
陸にあげる間もなく自分でフックを外して川へ戻っていきました。

今日のマス


朝から快晴で、秋の北海道らしい天気です。
超ウルトラCを決めてくれたメスのマスです。
一回転ジャンプの中にひねりが入っていました。

140921.jpg
今日のマスの取り込みの画像です。

今日のマス

 140917.jpg
朝から快晴で、最高気温は昼頃に20度ほどまで上がったようです。
忠類川初挑戦でカラフトマスのセッパリくんを釣り上げました。
朝の1時間ほどの間に、岸寄りをサケやらマスやらが上っていきましたが、なかなかヒットはしてくれなかったようです。
明日は休止日です。
明後日にはもう少し魚影が濃くなっていることを期待したいです。

今日のマス

140915IMG_6474.jpg 140915-1.jpg
今日のマス です。
ウロコが見え、斑点も見える割りと新しめのマス(オス)です。

そしてもう一本の映像です。
140915-2.jpg

今日のサケ

140914.jpg
久々の青空です。
今日のサケは動画です。
スレでしたが、見事なメスのサケでした。

今日のサケとマス

 140913IMG_6467.jpg
忠類川20周年のイベント以来ぐずついた天気が続いています。
今日も小雨、北海道らしい湿度の少ないスカッと晴れた青空が恋しいです。
朝のうち4〜5人いた場所も、一人減り2人減りと人影が少なくなった頃からアタリが出始めて15分くらいでサケマス各1尾(ともにメス)。
マスは元気がよすぎてポーズを取ってくれませんでした。
意外なところで釣れてビックリする人もいますが、足首くらいの浅瀬でもサケが釣れる事がありますので、不用意に川の中へ入ると自分で釣れない状態にしてしまうんですね。
特に朝イチは、なるべく川岸から離れて歩いてポイントへ向かうのも方法だと思います。

忠類川フィッシングスクール


9/7に行われましたフィッシングスクールの参加者集合写真です。
今回は忠類川20周年記念ということもあり、ワンデーダービー特別ゲストでもあるフライフィッシングの安田龍司先生にも講師として参加していただき、フィッシングガールの阪本智子さんも参加するなど8時より11時まで青空の下賑やかに行われました。
受講者は男性15名女性3名の18名で(ルアー12名、フライ6名)が安田先生をはじめとする講師8名と特設エリアへ移動し、それぞれ受講されました。
魚はある程度いましたがなかなか釣れず、釣った人は7名でサケ4尾(ルアー1尾、フライ3尾)マス3尾(ルアー3尾)の釣果となっています。
全員が管理棟前に戻り、釣果報告を終えたあと全員で記念写真を撮り解散しました。
今シーズンのフィッシングスクールは今回で終了です。
受講された皆さん、講師役の皆さん、ご苦労さまでした。

忠類川サーモンダービー2014「ワンデーダービー」結果報告

 masu-winnerDSC_0413.jpg
9/6に開催されました忠類川サーモンフィッシング20周年記念イベントサーモンダービー2014のワンデーダービーが終了しました。
写真左がサケの部の表彰者の方々で、右がマスの部の表彰者の方々です。
サケの部の1位は77cmで中標津町の土谷様、マスの部の1位は57cmで美唄市の小西様で、後日に標津産の幻の鮭「ケイジ」がお届けされます。おめでとうございます!
北海道内15名北海道外15名の老若男女30名で、半数の15名の方がサケ19尾マス10尾の合計29尾の釣果を登楼されました。
偶然とはいえサケの部の1位とマスの部の2位がそれぞれ同サイズというハプニングになり、限られた時間の中ではプレーオフなどをする余裕も無いために当人同士でジャンケンをしていただき決定させて頂きました。
この点は今後の課題とさせていただくこととして、表彰式を終えたあと場所を移動して懇親会を行い、ジンギスカンやちゃんちゃん焼きなどのごちそうに舌鼓を打って和やかに終えることができました。
詳しい資料も用意しましたのでご覧下さい。
140906oneday-derby_results-1.jpg 140906oneday-derby_results-2.jpg
(左側はA4サイズ、右側はA3サイズになっています。)

シーズンダービーは今シーズン最終日11/3まで参加・登録ができます。
幻のサケ「ケイジ」を目標にどんどん参加・登録をしてください。

好評な管理棟の販売コーナー

140908IMG_6444.jpg
今年も好評の管理棟内の販売コーナーです。
好評の「ナスビ」をはじめとするスプーンにの他に、「カムイチェップ」と「クリオネ」のフライも加えて置いてあります。
熊よけの鈴やベル、レンタル式の熊撃退スプレー。
虫よけのスプレーやハッカ油。
オリジナルステッカーやシールにマグカップ。
カップ麺も置いています。
実用品からお土産用まで、お時間がありましたら管理等を覗いてみて下さいね。

今日のサケ釣り


今日のサケ釣りシーンです。
昨日のリベンジと言っていました。

昨日のワンデーダービーの結果については、後日あらためてHP内でお知らせします。

9/6 20周年記念イベント「ワンデーダービー」

 140906IMG_6396.jpg 140906IMG_6398.jpg 140906IMG_6418.jpg
ワンデーダービー当日です。
ざっとかいつまんでご紹介します。
まずは、計測員のミーティングと開会式、そして賞品です。
ご協賛いただきましたメーカーの皆様、ありがとうございました。

140906IMG_6408.jpg
このように計測板を使って鼻先から尻尾の凹んだ部分までの尾叉長を測り、その長さで競いました。

140906IMG_6409.jpg 140906IMG_6425.jpg
この時点で順位がわかりませんので、記念写真だけ撮らせていただきました。

140906IMG_6433.jpg
忠類橋の上からの写真です。

140906IMG_6427.jpg 140906IMG_6414.jpg
そして、「今日のサケ」です。
リリース後のサケが、逃げないうちにシャッターを押しました。

今シーズン取り組んでいる動画もどうぞご覧下さい。
140906-0.jpg 140906-1.jpg 140906-2.jpg 140906-3.jpg 140906-4.jpg 140906-5.jpg 140906-6.jpg

シーズンダービー暫定順位表


現在のシーズンダービー暫定順位表です。
サケが80cm、マスが69cmとなっています。
計測は尾叉長
忠類川では、上の図のように「尾叉長」で測定しますので、お間違えのないようにお願いします。
秋鮭漁の始まりの今頃のサケは、通常四年で回帰する四年魚より魚体が大きい五年魚や六年魚といった魚体が目立っています。
80センチオーバーで7〜8kgというようなサケが釣れるかもしれません。
また、シークレットサイズ賞という入賞した登録を除いた登録の中から選ばれる賞もありますので、大きさにこだわらずにどんどん登録をお願い致します。

今日のサケ


今日のサケです。
朝の30分ほどは霧がかかり肌寒かったのですが、霧が晴れたとたんに気温が上がり、汗ばむ感じです。
取り込みシーンは・・・
140903-1.jpg
ちょっと遠かったのでズームMAXですので、ボケてしまいましたがサケが上流へ向かう感じや取り込みの雰囲気は伝わると思います。

こっちは私のサケ。
140903IMG_6377.jpg
口に掛かると取り込みは楽ですが、暴れまくっていました。
今日は自撮りする間がありませんでした。


そして誰もが経験あるシーンです。
140903-2.jpg
わかりますよね〜。

今日のマス


今朝も寒く、12度位で薄曇り。
5時半過ぎ、1尾目はヒットしたもののバラシ。
その数分後にまたヒット!
慌ててカメラを取り出したのですが、撮影時間が20秒くらいでしょうか・・・。

140902-2.jpg
これは私が掛かったマスを取り込むまでを自分で撮ったものです。
ロッドを持ちながらカメラで追ってと、大変でした・・・。
140902IMG_6354.jpg 140902IMG_6366.jpg
で、記念写真です。
見事なセッパリのオスでした。
この後、サケを見つけ15分くらいトライしましたが、フックを3個根掛かりで無くして今日は終了しました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。