今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

今日の忠類川

141031IMG_6870.jpg 
忠類川も残すところあと3日となりました。
霜がおり、雹が降り、紅葉も終わりかけて雪を待つばかりとなっています。
例年今頃の天気がいい日はサケやマスの腐敗臭が漂っているのですが、9月後半からの遡上が少なかったため今年は臭くありません。
残り少ない期間を楽しもうと少ないながらも調査員が孵化場より下流域に点在し、忠類橋下流に一番集中しています。
粘っているとフレッシュなサケが釣れる とのことのようです。
今日の釣果はどれくらいになるのでしょうか、楽しみです。
スポンサーサイト

今日のサケ


今朝は4度ほどでしたが、風が強くとても寒く感じました。
10名前後の調査員は忠類橋下流へ向かっています。
昨日は実行委員会の集計で58尾のサケが釣れています。
「スレが多いけど口で釣り上げた」とか「キャストして流し込んでドン!っていうイメージ通りの釣りができた」とか「シーライスが付いていて光った魚体だった」とか嬉しい声が聞こえてきました。
終わり頃になってからなのが残念ですが、去年も終わり頃にいい感じでした。
明日の休止日があけると残すところ4日です。
今年も何とかいい感じで終わりたいものです。

今日は丹頂鶴


今日は丹頂鶴の写真です。
忠類川をテリトリーとしている鶴のカップルがいて、最近見えるところまで出てきているのですが、今朝はズーム満開で何とか捉えることが出来ました。
デジタルズームなので鮮明さには欠けますが、これ以上近づくと逃げられてしまいますのでこのくらいが限界ですね。

今日のサケ

 141026IMG_6822.jpg 141026IMG_6838.jpg
今日は温かく昼くらいで気温が20度を超したようです。
そんな中を10名を超える調査員が釣りに入り、それぞれいい感触ではなかったかと思われます。
ポイントこそ多くないようですが、孵化場から下流に人影が点在していました。

141026IMG_6833.jpg 141026.jpg
動画(右上)で釣れたサケは大きくて80cmオーバーのようでした。
慎重にバラさないように釣り上げていました。
シーズンダービーのサケの登録では85cmが最大で、次が82cm、そして80cmと続きます。
きっとトップスリーには入るのではないかと思われます。
いい手応えだったでしょうね。

今日のサケ

 141024IMG_6784.jpg
昨日の休止日、朝の気温は氷点下3度と今年一番の気温でしたが、今朝は6度ほどと暖かめの朝でした。
ちょっと風はあるものの、朝のうちは支障が出るほどの風ではありませんでした。
写真でおわかりのようにシーライスが付いたフレッシュなサケ、一昨日あたりから釣れてきているようです。
もしかするとフレッシュなサケの小さな群れが遡上してきたように思えます。
昨年もそうでしたが、終わり頃に遡上する群れがあるようです。
孵化場育ちのサケなのですが、やっと来たと思って良いのではないかと思います。
あとはどこのポイントに着いているかを探すことができれば、楽しい釣りになるのではないかと思われます。
今のところでは忠類橋の上流と下流域になりますが、どうでしょうか。
141024IMG_6785.jpg

今日のサケ


今朝は放射冷却現象により冷え込み、管理棟周辺の草には霜が降りていました。
今日も魚影が少なく、調査員は上に行ったり下へ行ったりで、昼頃にはほとんど残っていませんでした。
141019IMG_6720.jpg 141019IMG_6723.jpg 141019IMG_6755.jpg
久々のサケの写真がアップできました。
口掛かりよりスレが多く苦労しましたが、数少ない口掛かりのサケを釣り上げたら自分が切られたフライが付いていて回収。
コンスタントに釣れると皆が喜べるのに と思うのですが今年の忠類川はいつもと違うようです。
標津川にすると遡上数が例年の70%ほどとのことで、人口孵化に使う卵が足りないとか。
漁業者が22日からサケ定置網の一部を撤去することになったようです。
例年並みに親魚が確保できればいいのですが、漁業者にも不安な今年の漁期のようです。

今日の忠類川


今日の忠類川、天気が良く暖かいのですがちょっと風が強いです。
速報でもお伝えしましたが、昨日はサケの釣果数が調査員の人数を下回りました。
今シーズンは、わりと調査員の人数よりも釣果数が多かったのですが・・・。
これからのサケは孵化場育ちがほとんどになります。
中流域から最下限までにポイントを求めて集中する可能性が大きいと思われます。
あと半月の残り期間、何とか来た人が良い思いができるくらいに魚影が増えてくれるといいのですが。

今日のサケ

141017IMG_6689.jpg 141017IMG_6685.jpg
久々の写真アップです。
今日はサケ、まだまだ多くありませんが何とか写真が撮れました。
ちょっと魚影が少なくて探すのが大変で、もう少し魚影が多くなると釣りやすくなっていいのですが。
川底の黒っぽい石が川面に揺れて、全部魚影に見えてしまいます。
上流域はわりと古めの魚体で、中流下流域は新しめの魚体とおおまかに分かれます。
が、新しめの魚体の魚影が差がしにくくて苦労するんですよね。
141017IMG_6687.jpg
まるっきりサケが居ない訳ではないので、なんとか釣って感触を楽しんで欲しいのもです。

今日はサケ

 141012IMG_6666.jpg
今日は朝から天気が良く、日差しがきつかったです。
連日釣れているという場所へ行ってみましたが、産卵を終えた魚体のサケがほとんどでした。

141012IMG_6663.jpg 141012IMG_6673.jpg
それでもさすがにサケです。
川の流れに乗って下る時の重さ、フックを外そうと魚体をくねらせて暴れる手応え。
やっとの事で釣り上げた快感は、「もう満足!」だそうです。
多分これからは孵化場育ちのサケが遡上してくると思われますので、下流域が混み合うかもしれません。
でも、フレッシュなサケが釣れることを考えると、下流域へ行きますよね。
川を渡る時や釣りに入る時など、周囲の人達に注意してお互いに気持ちよく釣りの時間を共有したいものです。

今日は霜

141008IMG_6646.jpg 141008IMG_6647.jpg 
今朝の気温は2度ほど。
忠類川へ向かう途中の車外温度は0度の表示になっていました。
今年一番の冷え込みです。
管理棟周辺の草むらは霜が降りて白くなっていました。
日に日に寒くなっていますが、週間天気予報では金曜日あたりからは朝の冷え込みが緩くなる予報になっています。
忠類川からの帰り道、標津橋を渡りながら河口方面に目をやると、いくつものモジリが見えました。
そう、サケのモジリです。
昨日まではこんなになかったのにと思っていたら、前浜のサケ定置網漁も上向きとの話を耳にしました。
28ヶ所ある定置網全てではないにしても、悪い話ではありません。
忠類川河口は忠類橋からも見えにくいので何とも言えませんが、良い方向に向いているのではないかと思い休止日開けの週末に期待したいと思っています。
連休もあって少しは調査員も増えそうな予想ですが、比例するように釣果も上がって欲しいものです。

今日はサケ

 141005IMG_6624.jpg
今朝は寒かった、4度です。
日に日に調査員と釣果が少なくなってきている忠類川。
川のあちらこちらには、写真のようなサケとマスが多く見られます。
歩きながら川を見ると左のように見え、水中では左のように定位しています。
産卵を終えているので尻尾はボロボロで短くなっていて、流れが速いところには居られないようです。
雨が降って増水するとこのような魚は流され、新しい魚が入ってくるのですが・・・。
昨年のように10月中頃に増水すると、一気に状況が変わることはわかっていますが、自然が相手では人間はかなわないですね。

今日の忠類川

 141004IMG_6619.jpg
今日の忠類川は、産卵を終えたマスとサケ。
まだまだマスが頑張っています。
サケは入れ替わっているものの、本流で見つけることは難しいようです。

141004.jpg
フライに食いついたマスが自分でフックを外して逃げていった様子の動画です。
自分で釣りながら取るのは、辛いですね。

今日はサケ


マスが続いていましたが、今日はサケです。
と言っても産卵後のメスで、お腹はしぼんで尻尾は使い古しの団扇状態。
でも、人が川岸を歩くと反応して逃げ回ります。
マスはあちらこちらにいて見つけやすいのですが、ほとんどが産卵後の状態なので新しいサケが遡上してこないと本当に魚が居ない状態になってしまいそうです。
今日も調査員は少ないながらもサケチャリで移動し、ポイント③の千葉さんの崖下付近や④のライオンの瀬付近に集中しています。
確実のサケがいる場所というと数えるだけになっています。
明日は休止日ですから、少しは遡上して欲しいのですが・・・。

FC2Ad