今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のサケ

    151004IMG_8088.jpg
今朝は今年一番の冷え込みで4度でした。
その中を5名ほどが朝イチで川へ向かい、ヤナギに3名で最下流域に2名が向かっています。
貸切状態のヤナギですが、機能ほどの活性はありませんでしたが所々にいるサケが口できたりスレできたり。
バラシも結構あるようですが、昨日根掛かりがしなかったところに木の枝などが引っかかっているようで、根掛かりも多くなっています。
写真にあるオスは85cmあったとのことで、取り込みにずいぶん苦労しているようでした。
前浜では魚体が大きなサケが増えてきたという声が聞かれます。
今後は忠類川にも大振りなサケが遡上してくるものと思われますので、非常に楽しみですね。

明日からは忠類川全体がルアー・フライ・エサの混合区間になります。
また、忠類橋から下流も調査可能となりますが、まだ水量が多いので渡河には充分気を付ける必要があります。
自信のない方は、川を渡らないことをオススメします。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。