FC2ブログ

今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

今朝のサケ、明日は定休日

未明にひと雨降りまして雲が残る空ですが、気温は10度超と暖かい朝です。
日中は晴れの予報なので、キャストを続けていると暑く感じるかもしれません。
 191030IMG_7087.jpg 191030IMG_7090.jpg
昨日もマアマアの釣果で、ラストスパートの様相を見せてはいるようです。
ただ、フレッシュな魚体が少ないのが気になります。
魚体自体は小振りになってくるのは例年のことですが、シーライス付きの魚体がもう少しいてもいいように思えます。
明日は今シーズン最後の定休日です。
明後日から11月、4日の祭日でクローズとなります、あっというまに終わるんですね。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



今朝のサケ

今朝は冷え込み、霜が降りていました。
7時のスタート時も息が白く見え、手はとても冷たく感じました。
 191029IMG_7068.jpg
朝イチのチェックインで5名ほどで、トータルでは今日も20名までは届かないような感じです。
ただ、昨日は少ない人数でけっこうな釣果があったので、今日も期待したいところです。
191029IMG_7049.jpg
週間予報では、今週末の連休が冷え込みそうな予報になっています。
シーズン最後の連休は、しっかりと防寒できる服装が必要かもしれません。
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝のチェックインは5名超、ちょっと寂しいスタートでした。
孵化場前で止まる人、忠類橋まで下がる人、ちょっと上へ向かう人とそれぞれが少人数です。

朝のうちの感じは昨日よりは良かったのではないかと思いますが、昨日はメスが多めで今朝はオスが多めと不思議な感じでした。
写真のように体高があるオスがまだまだ健在のようです。
時期的にサケが小振りになっていくはずなのですが、今年はちょっとおかしいんですね、きっと。
そのおかしさに乗して、もしかしたら最後に爆釣と言うことがあるかもないかも・・・。
 
 
 
 
 
 

今日の忠類川

今朝のチェックインは5名超、雨が降りそうな曇り空でしたが午前中のうちに陽が射してきています。
 191027IMG_7029.jpg
昨日の雨で多少水位が上がっていましたが、サケが賑わいを見せてはくれず渋さが目立っていました。
それでもしばらく粘っていると、背中や頭や尾ビレなどを出してくれるので何とか釣る意欲を保つことができています。
10名超の調査員で30尾弱の釣果だったようですから、何とか楽しめたのではないかと思われます。
 
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝は10度ほどと暖かいはずが、風が強く寒く感じました。
その風に加え時折雨が降ってきましたので、キャストが思うようにできないようです。
191026IMG_7021.jpg 191026IMG_7022.jpg
そんな中、久々にシーライス付きの魚体に出会いました。
小さめですがウロコも残っていますが、多分産卵体制が整った魚体のようです。
こういう魚体が多めだと、フックが掛かってもそれなりにファイトしてくれて楽しいですね。
今日の雨が明日以降によい影響を与えてくれることを祈るばかりです。
 
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝は朝から曇り空、気温が上がらず5度ほどから始まっています。

定休日開けの金曜日、サケは入口①から見える範囲の上流あたりまで散らばっているようです。
今日は少ない調査員になるかと思っていましたが、9時頃には15人を超えていましたので入れ替わりながら20名ほどになりそうです。
191025IMG_7009.jpg 191025IMG_7019.jpg
昨日あたりからヒグマが上流から下がってきているようです。
目当てはサケだと思われますので、規則にもあるように河原でサケを捌かないようにお願いします。
ヒグマが居着いたり、自分の餌場だと威嚇してくる可能性がありますので注意が必要です。
191025IMG_7020.jpg
残すところあと10日ほど、クローズまで楽しめる忠類川であって欲しいものです。
 
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝の忠類川も暖かく、5度を超えているようでした。
連休最終日とあって少なめの調査員を想像していましたが、昨日並みのチェックイン数になりそうです。

昨日はサケ釣果が74尾とC区域での釣果数としては10/12の84尾に次ぐ釣果数となっていました。
が、今朝は人数の割に静かなスタートだったようです。
ポツリポツリと釣れたりバラしたりしているものの、朝のうちは賑わっている感じには見えませんでした。
日中に魚が動いてくれると、「釣れた!」「バラした!」と賑わってくると思われますので気になるところです。
 
 
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝は思いの外暖かく、10度ほどの気温です。
朝のうちは雲が厚めでしたが次第に薄くなり、青空の方が多くなっています。

爽やかな秋風と柔らかい陽射しと木々の紅葉。
今朝の忠類川は秋を実感しながらのサーモンフィッシング日和です。
191021IMG_6948.jpg 191021IMG_6978.jpg
10名超の調査員が孵化場前を中心に、あちらこちらで竿を撓らせています。
根掛かりや石掛かりも多いのですが、攻めた分だけサケに近づいているようです。
191021IMG_6980.jpg 191021IMG_6981.jpg
あの引きを、下流へ走る重さを、釣り上げたときの快感を、自然豊かな忠類川というロケーションの中で満喫しようと、今日も手を替え品を替え調査員はそれぞれのポイントで竿を入れています。
 
 

 
 
 

今日の忠類川

今日は朝から10度を超え、気温としては暖かいものの9時頃まで雨が降っていました。
時折風も強めに吹くなどしていましたが、午後には青空も見え雨具を脱ぐことができました。
 191020IMG_6944.jpg
雨の影響で若干ですが水位が上がり、濁りもうっすらと入ってコンディションとしては悪くなかったのですが、31人の調査員で48尾のサケで今ひとつ釣果が伸び悩んでいます。
本来はもっと釣れてもいいはずなのですが・・・。
191020IMG_6942.jpg 191020IMG_6919.jpg
連休も上手く休めて明後日まで、ここ数日は極端に冷え込まずまずまずの天気が続くようですが、天気が良ければよいでサケが遡上するか不安も募ります。
191020IMG_6925.jpg 191020IMG_6931.jpg
今シーズンもあと二週間、もう少し遡上数が増えて楽しくシーズンを終えることができるよう祈るばかりです。
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝も0度近くまで下がった朝ですが、さすがに連休を控えている週末は朝から調査員が多めに感じました。
昨日の夜から今朝にかけてサッと雨が降ったようですが、山は雪だったようです。
忠類川から見える山々の頂上付近が朝のうち白く見えていました。

今朝は不思議とフライとエサばかりで10名超、ルアーが見あたりませんでした。
こういう朝もあるものなんですね。
191018IMG_6909.jpg
年々長い竿をかついだエサ釣りの調査員が増えてきています。
竿も以前ほど高価ではなくなったように聞いていますし、性能も良くなっているようです。
弧を描くように曲がった釣り姿は、見ていてもワク2・ハラ2・ドキ2ですね。
 
 
   
 
 
 

今朝の忠類川

今朝の気温は最低気温で0度を下回りましたが、7時頃には2度ほどまで上がっていました。
日の出が5時半頃で、日が昇った頃が一番冷え込むようです。
 191016IMG_6901.jpg 191016IMG_6905.jpg
昨日よりは静かめの忠類川ですが、サケが広い範囲に点在しているようです。
実際に魚影として見えなくても、居るかもしれないと思った所があれば攻めてみることから始まるかもしれません。
釣りですから竿を入れなければ魚が居ても釣れません。
移動するときも川を観察しながら川岸から離れ気味で歩き、特に波紋や川底の灰色っぽく見えたり石っぽく見える魚影などは注意して見る必要があると思います。
また、魚影の見方や釣り方としては、先日放映されたBSプレミアムの「釣り人万歳」を見返していただくと参考になると思います。
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝は変な天気でした。
天気予報では晴れのはずで、実際に7時過ぎには青空でしたが不思議と虹がかかっていました。
で、8時頃には一面が雲に覆われ雨がザ〜っと降ってきました。
じきに雨は止んで青空に戻るのですが、誰か雨男でもいたのかと思えるほど気まぐれな天気でした。
 191015IMG_6876.jpg
サケは決して新しい訳ではありませんが、水が多めということもあってかバタバタッと釣れては静かになるの繰り返しで、そこそこ入ってきているように感じます。
場所によっては釣り方が難しく、馴れなければ釣りにくい忠類川になっているかもしれません。
191015IMG_6881.jpg 191015IMG_6895.jpg
忠類川もあと一ヶ月を切っています。
今年は川筋が変わってしまって溜まりやすいところが少ないせいか、今の所サケの釣果に伸びがありません。
大量に群れで遡上するビッグランや三桁釣果がなく寂しいところですが、残りの約三週間で盛り返したいところですね。
 
 
 

 

今朝の忠類川

今朝6時前の気温が1度、今年一番の冷え込みです。
忠類川からケアラシが立ち、駐車場の草には霜が降りていました。

台風19号による中止開け、水位は10cmほど高いでしょうか、うっすらと濁りもあり釣りのコンディションとしてはいい方だと思われます。
191014IMG_6840.jpg 191014IMG_6844.jpg 191014IMG_6845.jpg
河口に溜まっていたサケが少しは動いたのか、朝イチ数投目からバタバタと鮭が釣れ始めました。
が、時間を追う毎に渋くなり、時折跳ねが見られては釣れだしては渋くなるの繰り返しのようです。
191014IMG_6849.jpg 191014IMG_6859.jpg
やはり水が増えると魚影も濃くなるようですが、日を追う毎にまた水位が下がってきますので今のうちかもしれません。

今日の忠類川

今日は台風19号による強風と雨で中止になっています。
午後1時半頃の忠類川です。
濁りが濃いめで、水位も高めです。

この程度の増水で終わってくれると、河口付近にいたサケが遡上するには、にごりは濃いめですがいい感じのように見えます。
191013IMG_6823.jpg 191013IMG_6828.jpg 191013IMG_6827.jpg
調査再開の可否は明朝の判断となりますので、予めご了承をお願いします。
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝のチェックインは15名弱、曇り空ですが風はまだ強くありません。
今夕から雨が降り出し、それに伴って風も強くなる予報です。
明日13日の調査は、明朝の判断になるようです。
 191012IMG_6817.jpg
FBをご覧の方は、「何処にあの群れが居るんですか」と聞いてきますが、残念ながら調査の釣り区域には入っていない忠類橋から河口との間で、雨が降ると遡上するし降らないとあの場所で産卵してしまうという遡上待ちの群れのようです。
で、一日に何度か小さい群れが上っているようです。
右上の写真のようにウロコが残る魚体も混じっているようです。
191012IMG_6699.jpg 101912IMG_6773.jpg 
忠類橋付近でも、粘ってキャストを続けていると魚影が見えたり釣れたりしていたようです。
191012IMG_6810.jpg 191012IMG_6814.jpg
これからの主なポイントは、孵化場から忠類橋までの間になると思われます。
朝イチは岸から離れて歩きながら川の中のサケを探してみてください。
意外と近くにサケが居たり、サケが掛かることがあります。
191012IMG_6753.jpg 191012IMG_6737.jpg
しっかり川を観察すると頭や背ビレを見せたり、水面近くをサケが移動する波紋が見えたりすることあもあります。
また、石の影や下流側もサケが付きやすいようです。
多少浅そうな場所や川底が見えにくい場所なども、ぜひトライしてみて下さい。
根掛かりや石掛かりは、忠類川では攻めてる証です。
 
 
 
 

今日のサケ

今朝は10度ほどと暖かめでスタートでした。
朝のうちは青空も見えていましたが、次第に雲に覆われてきました。
朝イチの調査員は10名ほどで、レンタカーが5〜6台。
 191011IMG_6677.jpg
朝のうちには釣果があるものの、時間を追う毎に渋くなってしまうようです。
散ってしまったら、なかなか戻らないのだと思われます。
思ったよりサケが入っていないようですね。
それでも少ないながら釣果があればましな方で、この時期の釣果ゼロは勘弁して欲しいところです。
見えないサケをどう攻略するか、慣れ不慣れもあるかもしれませんが発想の転換など柔軟な釣り方が必要かもしれませんし、根掛かり石掛かりとの戦いにもなりそうです。
 
 
 
 

今日のサケ・マス、明日は定休日

今朝は10度ほどで晴れ、調査員は5名超。
釣果が落ちてきている中では近隣の調査員は少なく、日程的に今日で帰る釣行者がほとんどのようです。
191009IMG_6641.jpg 
昨日からの雨が降ったり止んだりしながら今朝方まで続いたので、川の水位がちょっと上がっています。
期待してみたものの、今ひとつかもしれません。
うっすらとウロコが光っていますが、産卵中か終えている感じのお腹のメスと尻尾が擦り切れたメスが釣れましたがオスは出てきてくれませんでした。
川筋がいくつにも分かれているために、太い水量の本流が見あたらない今の忠類川。
サケが何処にいるか見当を付けるのも大変です。
これから本格的に孵化場育ちのサケが戻って来るのを期待して待っている状況ですので、明日の定休日にどれだけ入っているか金曜日の期待が大きいですね。
ただ、台風19号の影響が土曜日あたりから出てきそうな感じがしますので、期待の中に不安が半分入り交じった感じです。
 
 


 

今日のサケ

10名弱で始まった今日の忠類川。
9時頃から細かい雨粒が落ちてきていました。
今日もフレッシュなサケに出逢えませんでした。
今日の雨に期待しているのですが、どれほど降ってくれるのか・・・。
 191008IMG_6621.jpg
そう言えば台風19号は、今年一番の勢力だとか。
18号の時のように被害が出ないことを祈るばかりです。
天気予報による19号の経路では、北海道の南側を通り抜けるようで、12日から13日は雨と風のようです。
降り方によっては何日か中止も有り得ますので、釣行予定の方は飛行機・道路などの交通インフラや増水など今から心配ですね。
 
 
 
 

今朝のサケ

今朝は冷え込み5度を下回っていました。
放射冷却現象によるものですが、明日には寒気も緩くなり傘マークが付いているようです。
昨日に続きシーライス付きを目指していたものの、産卵後の魚体ばかりで・・・。
今朝の前浜の水揚げ量は今季最高を記録したそうですが、フレッシュなサケは忠類川のどこにいるのでしょうか。

さて、先月あたりから忠類川で収録されたTV番組の放映が近づいてきましたのでお知らせします。
10/12(土)人生の楽園(テレビ朝日)18:00〜18:30 
10/13(日)釣り人万歳(NHK-BS2)17:30〜18:00 
10/17(金)釣りビジョン(CS)   22:00〜23:00 
10/18(土)WBNーThe行列ー(BSテレビ東京) 23:00〜24:00
時間があればご覧下さい。
忠類川攻略のヒントがあるかもしれません。
 
 
 
 

今日の忠類川

今日の忠類川、天気予報では朝から晴れのはずでしたが朝のうちは小雨が降っていました。
風は思ったより強くありませんでした。

7時に開いて河原へ、約30分後位にシーライスが付いたメス。
60cm超位でしょうか、角度をかえるとウロコがサッと光って見えました。
さらに30分後位に別なメスがシーライスを付けたまま釣れました。
191006IMG_6565.jpg 191006IMG_6588.jpg
昨日は思ったよりフレッシュなサケは釣れていなかったのですが、今朝は立て続けに見ることができてラッキーでした。
その後、時間が開いてオス、そして産卵後のメスとメス。
191006IMG_6569.jpg 191006IMG_6571.jpg 191006IMG_6589.jpg
昨日より幾分水位も下がり、今後も日に日に下がっていくと思われます。
今位の水位が保っていられるといいのですが、水位が下がるにつれて釣りにくくなると思われます。
また、先月目撃されていたヒグマがC区域の中・下流部付近へ向かったのではないかとの情報がありますので、入口②から入った先の林付近は注意が必要です。
 
 
 
 
 

今朝の忠類川

今朝はくもり−>霧雨−>小雨−>雨 という風にだんだん雨粒が大きくなって来ては小降りになりの繰り返しです。
気温は16度と寒くはないのですが、雨具がないと辛いですね。
 191004IMG_6546.jpg
昨日は定休日でしたので、サケも油断しているのか頭や背中や尾ビレを頻繁に見せていましたが、調査員が増えてくると次第に静かになっていきました。
フレッシュなサケは釣れませんでしたが、川のあっちこっちにサケが点在しているようです。
これから明朝にかけての雨が心配です。
降りすぎると中止になり、降らなさすぎると状況は変わらない。
悩ましいところですね。
 
 
 
 

今朝の忠類川、明日は定休日

今朝の忠類川に珍客が現れました。
足や首が短くてコロッとしていたらびびってしまうところでしたが、スマートな若いオス鹿でした。

10分ほど河原にいましたが、入り込んできた道へ戻っていきました。
サケを食べに来た訳ではありませんが、水は飲んでいきました。
先日は国道からの林道をエゾリスが横断していました。
キツネはマアマア見る方だと思います。
クマを見た人もいます。
鳥も猛禽類やカワセミをはじめかなりの野鳥を見ることができると思います。
忠類川の環境は、大切にしたいですね。

明日は定休日、金曜日からは傘マーク。
週末の釣行は、寒さ対策よりも雨対策が必要かもしれません。