FC2ブログ

今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

一番の冷え込み

111020IMG_2424.jpg 
今朝は今年一番の冷え込みで6時過ぎでは0度、7時には日向で3度、日陰で1度ほどでした。
ガイドが凍るにはまだまだ冷え込まなければなりませんが、相当川の水が冷たく感じます。

111020IMG_2433.jpg 111020IMG_2430.jpg 111020IMG_2425.jpg
忠類川の孵化場からの小川が合流するところにホッチャレがいました。
カメラを近づけても逃げず、間違ってストロボを使ってしまったのですが動くことがありませんでした。
どんなに鈍感なサケでも、シャッターを1~2回押す打ちに逃げてしまうのに・・・。
こうやって定位することが精一杯のホッチャレだったんですね。
枝川や支流にはこのようなサケやもうちょっと元気でペアリングしているサケがいます。
しっかりと産卵をして4年後にはたくさんのサケが帰ってくるよう祈るばかりです。

111020IMG_2442.jpg
晴天の中、フレッシュなサケを少なくなった調査員が狙っています。
10尾前後の小さな群れが1日に数回上流へ向かっていると言う話はここ数日耳にしていますが、残念ながら下流域に留まっている感じは見受けられません。
上流の安全で産卵しやすいところまで行っているのだと推測されます。
上流で産卵すればするほど、その子孫は銀ピカで川を遡上しますので、4年後が楽しみになります。

期間は短いし釣果も少ないしで、調査員の方々には決して満足していただけたとは思いませんが、この忠類川というフィールドがせめてもの救いと思っています。
今年忠類川へ来られた方、諸事情があって来られなかった方、来シーズンもこの忠類川が皆様をお待ちしています。
本年度の忠類川サーモンフィッシングへご参加ありがとうございました。
来シーズンもお待ちしています。
スポンサーサイト