今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

今日の忠類川

 120815IMG_3591.jpg 120815IMG_3593.jpg
昨日の増水も治まり(水位が下がり、やや濁りが残る程度)調査を再開しています。
濁りが残っているために魚影が確認できず、河原を移動する調査員も見えます。
一昨日は釣果が0尾と不調でしたが、今朝は開始から一時間ほどにヒットがあり綺麗なマスが釣り上げられました。
第2管理棟区域では、セッパリも居ると聞いていますが、下流域ではフレッシュなマスが多いですね。
そうそう「サケを見た!」と言う話も聞いていますので、釣果に上がるのも早いかもしれませんね。

一週間ほど前から忠類の市街地を含めた忠類川下流域にはヒグマが出没し、警戒態勢も取られていました。
親離れしたばかりの若いヒグマのようですが、平気で民家のそばまで出てきたりしています。
忠類川も第1管理棟付近を除き林道は通行止めの処置をしていますので、名物のサケチャリもお休み状態です。
もうしばらくの間は、河原を使っての徒歩移動が続くようです。
熊よけの鈴やベルは必要のようですが、絶対出合わない訳ではないので過信は禁物です。
充分注意しながら忠類川で楽しんで欲しいものです。
スポンサーサイト

FC2Ad