今日の忠類川

日本でのサケの川釣り発祥地「忠類川」の様子やサケ・マスを随時掲載。 詳しい忠類川の情報は「忠類川サーモンフィッシング」からご覧下さい。   < 無断転載・無断複製・無断使用等はお断りします。>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忠類川のオオワシが増加しています


忠類川のオオワシが増加しています。
忠類橋の上流側、河が蛇行しているところの上流の羅臼側に、オオワシが十数羽見えました。
先週は十羽もいなかったようですが、増えているということはエサになるサケがまだ遡上していると推測されます。
忠類橋の下流側にも数羽いましたので、相当エサが豊富なのだと思われます。
きっとサケ定置網漁の網も撤去が終わって、サケにしてみると遡上しやすくなっているからでしょう。
オオワシをもう少しアップでクッキリと撮れるといいのですが・・・。
 
 
 
 

今年もオオワシが・・・

161114IMG_0620.jpg 161114IMG_0617.jpg
今年も忠類川にオオワシやオジロワシが来ています。
10月後半頃から上流部の静かな産卵場所付近に来ていましたが、忠類川がクローズすると忠類橋の上流側や下流側で目に付くようになりました。
例によってデジタルズーム12倍ではこんな感じですが、超望遠レンズを付けたカメラマンも見かけたりします。
河原が雪に埋まり、サケの死骸が見えなくなると猛禽類たちは知床半島方面か野付半島方面に移動するものと思われます。
 
 
 

最終日の忠類川

 161106IMG_0443.jpg
昨夜の雨が雪になり、一面が白い絨毯が敷かれたようでした。
空の南側半分に青空が、北側半分に雪雲がかかり北西の風に乗って雪が舞っていました。
161106IMG_0460.jpg 161106IMG_0458.jpg
忠類橋を通り過ぎて最下限まで向かう姿も、今日で最後です。
滑りやすい足元に注意しながら河原を歩き、川を渡って行きます。

161106IMG_0466.jpg 161106IMG_0483.jpg
サケも寒いと活性が下がっているようで、川岸からなかなか逃げていかないので釣り上げて雪の上で記念写真を撮らせてもらいました。

161106IMG_0595.jpg 161106IMG_0501.jpg
最下限付近ではそれぞれがサケを釣り上げて、その感触と忠類川を記憶に留めていただけたかと思います。
161106IMG_0564.jpg 161106IMG_0546.jpg 161106IMG_0509.jpg

台風の影響により一ヶ月の中止があり、流木撤去の重機が河原に入ったりで人も魚も落ち着かないまま秋を迎え、そして初冬にクローズです。
忠類川にお越しいただいた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
161106IMG_0462.jpg 161106IMG_0476.jpg
161106IMG_0478.jpg 161106IMG_0506.jpg

今シーズンもありがとうございました。
来シーズンも忠類川は皆様をお待ちしています。
 
 
 
 
 

今朝のサケ

 161105IMG_0434.jpg
今朝も冷え込み氷点下でした。
ちょっとするとプラスの気温になったようですが、小雪がちらついてきて体感温度は氷点下のままでした。
調査員の人数の割りに釣れているように見えていますが、釣れるポイントは限られているようです。
ほとんどが最下限付近と聞いています。
天気予報では今日は終日雪マーク。
積もるかどうかは別としても気温が上がらない一日になりそうです。
明日未明まで雪マークが続いているようで、最終日の明日は一面白くなっている可能性もありそうです。
 
 
 
 

今朝のサケ

昨日の日中から降った雨が一時22mm/hの豪雨予報が出たくらいの雨量でしたが、山の方が雪になったようでほとんど水位は上がっていませんでした。
161104IMG_0417.jpg
でも、水は冷たいですね。
濁りも多少ありますので、サケが写っているんですが見えにくい写真になりました。

今朝も割りと古くない魚体のサケが釣れ、最下限付近では数名の釣り竿が弧を描いていました。
ただ、日中も気温があまり上がらないので寒さとの戦いのようです。
明日が午後から雪マーク、明後日は午後まで雪マークという予報です。
最終日は雪の上にサケを並べての記念撮影ができればいいのですが・・・。
あと2日で今シーズンは終了です。
 
 
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。